ホーム > 地域 > 追い詰められる前に

追い詰められる前に

破産手続きにあたって返済義務に対し保証する人がいる場合には、前もって連絡をしておいたほうが無難です。

 

再度、改めてお話ししますが保証人となる人物を立てているときは破産申告の前段階で前もって考えるべきです。

 

というのは今あなたが破産して受理されるとその保証人がみなさんの債務をみんな支払う義務があるからです。

 

ですので、自己破産手続きの前に保証する人に、過去の内容や現状を報告して謝罪をしなければならないでしょう。

 

これらのことは保証人の立場から見ると当然必要なことです。

 

破産するために急にローンが生じるわけです。

 

そうなるとすれば、以降の保証人となる人の考慮する選択ルート次に示す4つです。

 

まず保証人となる人が「いっさいを返す」という方法です。

 

その保証人がすぐにでも数百万円の借金をいともなく完済できるというようなカネを持っていれば、可能でしょう。

 

しかしながら、あなたは破産申告せずに保証人である人に立て替えをお願いしてあなたはその保証人に返済するという方法も取れるかと思います。

 

また保証人があなたと良い関係にあるのなら、ある程度返金期間を長くしてもらうことも問題ないかもしれません。

 

たとえいっしょに返済が不可能でも、貸金業者も相談で分割での返金に応じることもあります。

 

保証人となっている人にも破産宣告をされると、貸金がすべて戻らないことになるからです。

 

また保証人が債務者のお金を代わって負う財産がない場合は、あなたとまた同様にどれかの借金の整理を選ばなくてはなりません。

 

2つめの方法は「任意整理」による処理です。

 

この場合債権者と示談する方法により、数年の期間内で完済していく方法です。

 

弁護士にお願いするときのかかる費用は債権者1社ごとにだいたい4万円。

 

全部で7社からのローンがある場合およそ28万円かかることになります。

 

もちろん債権者との話し合いは自分でやることも可能ですがこの面での経験と知識がない方の場合向こうが自分に有利なプランを出してくるので、注意しなければなりません。

 

くわえて、任意整理で処理する場合も借り入れを立て替えてもらうことを意味するわけですから借りた人は少しずつでもその保証人に返していく義務があります。

 

続いて3つめはあなたの保証人も返済できなくなった人と同じように「破産申告する」という選択です。

 

債権者と同じように破産宣告すればあなたの保証人の義務も消えてしまいます。

 

しかし、あなたの保証人が有価証券等を登記しているならばそれらの私財を没収されてしまいますし法令で資格制限のある業界にいるのであるならば影響は避けられません。

 

その場合、個人再生制度を活用できます。

 

最後に4つめの方法としては「個人再生による手続きを取る」方法についてです。

 

住宅等の不動産を手元に残したまま借金の整理を行う場合や自己破産手続きでは資格に影響する職務にたずさわっている人に有効なのが個人再生です。

 

この方法の場合、自分の住宅は処分しなくてもよいですし破産のような職種にかかる制限、資格に影響する制限が何もかかりません。

 


関連記事

  1. 出産後の夫の態度が最悪で

    まったく育児に協力的じゃない夫が嫌になり家出しそうになったことがあります。 子ど...

  2. 追い詰められる前に

    破産手続きにあたって返済義務に対し保証する人がいる場合には、前もって連絡をしてお...

  3. テスト

    テスト記事です。...

  4. テスト

    テスト記事です。...